相変わらずの景色

2016年9月25日

コラム

ゆうじ
「おまえはいつ結婚するんだ?このままでどうするつもりだ?」
この前、ひさしぶりに帰った実家の食卓。

38歳の息子にむけた父親の第一声が、少し声を荒げてのこのセリフ。
そしてうすら笑いの俺。

頭ごなしに凝り固まった価値観を振りがざす父親と、それに勇気と思いやりを持ってを対峙ができないゲイの息子。

ふぅあぁぁぁぁ……。

こんにちは、ゆうじです。
ひさびさに帰った実家はセクシャルマイノリティあるあるな、相変わらずの景色でした。

最近1年間は大学の友達、前職や今の職場の同僚、今年に出会った方々、機会があればけっこうカミングアウトしてきました。
それはバブリングの活動を通して、知ることや自分や物事と向きあうことができた中で、
自分として生きる思い切りがついたからなんですが。。。

いやー。でもやっぱり親は難しい。

親はもういい歳で終戦前後のある種の価値観に染まった世代だし。
最近は体もすっかり弱ってきたし。
もしカミングアウトがストレスになってさらに弱られたらたまらないし。

一方で、兄と妹がしっかり子供作ってくれたので、孫を見せられないひとりっ子セクシャルマイノリティに比べたら、だいぶ気持ちは楽なのですが。。。

親は何を望むのだろう。
子どもがその人らしく誇らしく幸せに生きられること?
子供が不本意だろうと、結婚をしてさらに子を作り育て、(旧時代的な)社会の普通を得ること?
親子の間はできるだけ話し合い、分かり合い、支え合える絆があること?
親自身の価値観に合うものだけに囲まれ生きられること?

自分としては親が亡くなる前にカミングアウトして、
人生色々あるけど、なんとか楽しく生きてることも伝えられたらいいんですけどね。。。

自分にとって最も近くて遠い。

それが「家族」です。

————————-
今年も10月10日にカミングアウトデーイベントをやります!
「1011 家族とカミングアウト」

まさに自分のためのような企画。
とても楽しみにしていて、改めて家族とのあり方に向き合えるきっかけに期待してます。
親や子に自己開示できない壁を作っている方。
子どもには自分らしくのびのびと生きて欲しい願う親御さん。
そしてカミングアウトする気もされる気もない方でも。
もしかしたら今の他人事は、未来の自分事かもしれません。

来て損はないですよ笑
ぜひ遊びに来てください!
[イベント詳細]
1011 イチゼロイチイチ
2016年10月10日 11:00~17:00
GoburinDaikanyama
東京都渋谷区恵比寿西1-33-8 コート代官山B1
チケットの購入はこちら
—————————————-
ゆうじ
38歳、東京住みゲイ。
実家は神奈川なのに年2回くらいしか帰らなくてごめんなさい。
[過去の記事]
自分に向き合うための1年
自己実現とカミングアウト

関連記事

Topics


new

メンバーコラム

『らしさ』の呪縛?
『らしさ』の呪縛?
こんにちは。ひろふみです。 まだ僕が物心のつくちょっと前、口が悪いことで有名なシ...

2019年9月9日

メンバーコラム

家族のカタチ
家族のカタチ
どうもどうも、まつろーです。 突然ですが『家族』と聞くと何を思い浮かべますか? 核...

2019年8月25日

メンバーコラム

四十八茶百鼠
四十八茶百鼠
こんにちは、ひろふみです。 印刷関係の仕事をしていると、印刷した時の色の『出方』...

2019年8月10日

メンバーコラム

柔軟そして沈静
柔軟そして沈静
グレーすなわち灰色。色としての性質を調べてみると、柔軟色や沈静色といった効果があ...

2019年7月27日

メンバーコラム

グレーなわたしたち
グレーなわたしたち
こんにちは。こいけです。 黒か白。どちらかが正義でどちらかが悪で。0か100なんても...

2019年7月14日

メンバーコラム

曖昧さをうたう色
曖昧さをうたう色
 こんにちは、網谷です。久しぶりのコラムはドラマの話から。    2017年1月期のド...

2019年6月28日

back to top