to 不特定多数ー離婚・子持ち

to 不特定多数ー離婚・子持ち

2016年9月24日

カミングアウトストーリー

%e3%83%a0%e3%82%b5%e3%82%b7title

※インタビュアーとムサシは友人関係です

あなたのマイノリティはなんですか?

バツイチでシングルファーザーです。
親権も監護権(未成年の子どもの世話や教育を行う権利)も両方持っています。

人に言うときには、自分の中でタイミングとかある?

自分からはそんな積極的には言わないけど「ご結婚されているんですか?」とか、社会人同士の社交辞令の会話できっかけがあったときは「昔はしてまして」とか、「今こういう状況です」っていうのは言うかな。

話の流れで聞かれたら、さらっと答えちゃうの?

うん。言っちゃう。

初対面でそういう話題になっても言わない人もいるだろうし、何回か会って仲良くなってから話すっていう人もいるだろうけど、言うことに抵抗感がないのはなんでだろうね。

言っちゃうのは何とも思ってないから、聞かれたら言う。

しいていうなら、それほど積極的には言いたくない気持ちの裏には、同情されたくないってのはあるかも。
同情的な近付き方をしてくる人が、まぁまぁいるんだよね。
「私、何かやりましょうか」とか「家事やりましょうか」とか突然言ってくる人もいるし。

子どもが低学年の頃とかは、よく言えば昔ながらのおせっかいおばさんみたいな、
再婚を促す人が周りに結構いて。それは、ちょっと引いちゃう。

「隠しておくものではない」っていう感覚なんだね。

マイノリティはマイノリティだけど、そういう状況の人は増えていて。最近、同僚でも奥さんが出て行っちゃって小学生の子ども2人抱えている人がいるけど、そんなに悲観的でもないし。働きながら男側が育てることに自治体の制度は追いついてない部分もあるけど、それを分かった上で、しょうがないなって前向きなやつだったりする。お互い子どもの夏休みとか、どう過ごしていたのって話をしたり。

まぁでも世の中の理解は、だいぶ追いついてきたかなって感じがする。
ネガティブな感じは実はあんまりない。だから抵抗がないのかも。

そうやってさらっと話すと相手の反応ってどんな感じ?

「なんでですか」って。「なんでそういうことになったんですか」って。経緯をみんな聞きたがるかも。

結構、踏み込んでくるんだね。さらっと話すからなのかな。それって、どう説明するの?

「奥さんに男ができちゃって」って。笑
「それには、僕に原因があって。子ども産まれてから、奥さんを抱けなくなっちゃって。
僕の責任でもあるんです」って。

あと元奥さんのお母さんが精神的な病にかかっていて、母子家庭で小さい頃に虐待で施設に預けられたことがあるみたいで「自分も子どもと二人きりになって同じことをしちゃうのは嫌だから引き取ってください」っていう理由もあるけど、こっちは重くて話せない。

そこから、さらにつっこまれたりするの?

あとは「再婚するつもりないんですか」とかもよく言われる。結婚はもういいかなって答える。
やっぱり楽だから。電気つけっぱなしでも怒られないし。笑

でも、離婚した当初はまだ子どもも小さくて大変だったんじゃないの?今、子どもいくつなんだっけ?

来月で14歳。離婚したのは、自分が27、8で子どもが幼稚園の年長の終わりで引き取った。

元奥さんと相談して、離婚する前の1年間は俺が引き取った後の練習期間として、
毎朝お弁当つくったり、送迎バスまで送って行ったり、俺が全部やってた。

その期間で、大丈夫やっていけるなって思った。

子どもはお母さんがやっていたものをお父さんがやることになったり、リズムとか環境が変わったりすることに反応はあった?

それがね、なかった。離婚して別々に暮らすんだよってときも、「へー」ってくらい。
小学校になってからは周りと違うんだなって気付いたり、「なんでお母さんいないんだよ」とか言われたりして、ケンカして呼び出されたりとかしてた。

カミングアウトして、良かったことってある?

良かったことっていうか「彼女いるんですか」とか聞いてくる人って、ちょっと好意を持ってくれる人だったりするから、最初にはっきり言ったほうがその人のためかなって。それで次の人に行ってほしいなと思う。逆に言うと、子持ちは本当にモテない。笑

でも同情してくる人は、そこを乗り越えてきちゃう。「私(息子)くんのお母さんになる覚悟はできています」とか。あとは「栄養バランスのとれた食事をちゃんと作っているんですか」とか。

相手のことを恋愛対象としていいなと思ったとき、言うかどうか迷わないの?

結論から言うと、迷うことはない。
そういう子の方が、言いたくなっちゃう。申し訳ないから。

彼女は欲しいけど結婚はしたくないって、女性からしたらそんな都合のいい話ないよね。子どもがいることを知っていても好きになってくれた子がいたんだけど「結婚するつもりはないからごめんなさい」って断ったこともある。本人は問題なくても、娘が子どもいる相手と結婚するって、お義父さんかわいそうだなって思っちゃう。結婚するつもりがないまま付き合うのは、後ろめたさがあるかな。

「言わなきゃよかった」っていう後悔とか、失敗みたいなことはある?

ないなー。場がしらけたりすることもなかった。
しいていうなら、言ったことで世話焼かれたり、相手を紹介されたりしたことかな。

逆に小学校のPTAにあまり参加できなかったときに、いろんなお母さんたちがフォローしてくれたのはありがたかったな。そのかわり、父親参加の行事は積極的に参加したりして。

カミングアウトすることによって、相手との関係性って変わる?

悪くなることはない。色恋系は引いていくケースはあっても、嫌われるってことはないかな。仕事とかでも飲みによく行くようになった人もいるし。かわいがってくれる。「大変だな、お前。飲み行くぞ」って。小学校のつながりのお父さんとかも、みんな年齢が上だから、おごってくれたりとか。

もし同じように離婚して子どもがいるけど、周りに言いたくても言えないでモヤモヤしている人がいたら、どうアドバイスする?

その人が言いたくない理由によるかもしれない。

実は就活のとき「学生結婚」っていうマイノリティだったのね。それを面接で言うかすごい悩んだけど、結局言うことが多かったの。「それが理由で落ちても仕方ないか」って思って。そのせいか打率は良くなくて「言わない方がよかったんだろうな」って思ったことがある。

例えば仕事上マイナスになることが明確で、でも子どもを食わしていかないといけないとかいう理由だったら、後ろめたさがあったとしても言わないっていう選択肢も尊重してあげたい。正直、アドバイスしてあげられることがあるかはわからないな。

本人の気持ち的に踏み込めないけど、言いたいって人だったら?

言っちゃっても「後ろめたいことではない」ってことは言えるかな。

カミングアウトするメリットを語ったりしないの?

言いたいけど言えない人に対しては、過去の経験を全部言う。笑

「言っちゃっても別にいいんじゃないの」って。

例えば、再婚したいとか相手といい関係になるまでは言いたくないって人もいるかもしれないから、
そこは確かにそうだなって言っちゃうかもしれないけど。

子育てする上では言っちゃったほうが、圧倒的に助けてもらえるし。その分、地域とかに違った形でお返しとかお礼とか、還元したりできるし。地域の皆さんに育てていただいたって感謝があるからさ。親が知りえないところで、お世話になっていることって絶対あると思うの。シングルファーザーとかに限らず。だから、協力できることはしようかなって意識が生まれてくる。

シングルだと「助けてもらうのが悪い」とか「申し訳ない」と思っている人も多いのかな。

俺も最初はそういう感じだったんだけど「そんな自分ひとりで絶対できるって方がありえない」って思考になっていったんだよね。実際、無理だったし。

子どもが小学1年生の時に鍵を落としちゃって、マンションがオートロックで入れなくて、夜9時10時くらいまでマンションの外にいたみたいで。家帰ったら隣の人が「今、家にいます」って、ドアに付箋貼ってくれて。引越しのご挨拶くらいしかしてないのに、ご飯まで食べさせて保護してくれて。夜11時くらいに「すみません」って寝ている子どもを迎えに行ったこともあった。

そうやって、子どもはたくましく育つのかな。

それはあるのかも。その後、子どもにテレホンカード渡して。自分で俺の携帯番号を暗記したみたい。
生活力っていうかサバイバル力は上がっているのかもね。笑

マイノリティということを気負いなく、フラットにカミングアウトしているお話しが聞けて良かった。
ムサシありがとう!
関連記事

Topics


new

カミングアウトストーリー

ゲイ – 家族へのカミングアウトを振り返る
ゲイ – 家族へのカミングアウトを振り返る
大学生時代、自身がゲイであることを家族に打ち明けるか否か、悩んでいたバブリングメ...

2017年8月7日

カミングアウトストーリー

ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [後編]
ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [後編]
ゲイであることを両親へカミングアウトをしたバブリング代表の網谷。 その場には親友...

2017年6月9日

コラム

他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-
他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-
4月下旬、専修大学の教職課程の1コマをお借りして、29名の学生に、ワークショップを実...

2017年5月30日

カミングアウトストーリー

ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [前編]
ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [前編]
『今回はバブリング代表の網谷と、ご友人である富澤さんの対談インタビューです。 ゲ...

2017年5月29日

コラム

ゲイカップル里親ニュースに触れて
ゲイカップル里親ニュースに触れて
今回のニュースは、セクシュアル・マイノリティにとって明るい話題でもありつつ、この...

2017年4月24日

カミングアウトストーリー

不育症 -「第Ⅻ因子欠乏症」って?
不育症 -「第Ⅻ因子欠乏症」って?
  【不育症】 (ふいくしょう) 妊娠はするが、流産、死産や新生児死亡などを繰り...

2017年3月27日

back to top