to クラスメイト

to クラスメイト

2016年7月5日

カミングアウトストーリー

cos of...aoi-01
※インタビュアーとアオイは先生と教え子の関係です

初めてカミングアウトしたのは、いつ誰に?

15歳です。高校に入ってすぐ。4月の下旬くらい。
一人とかじゃなくて教室に自分の席があって、その周りに座っている人たち数人に聞こえる状態でバッと言いました。誰っていう限定はできないですね。前に一人、右に一人、右前に一人、前の前にもう一人。聞こえていたのは、そのあたり。

どういう話の流れで、どういう言い方をした?

その前日一人のクラスメイトに、最初「両性愛者(要はバイセクシュアル)」だと言ったんですよ。一発でドンと同性愛って出しちゃうと、どういう反応されるか分かんなかったから、それで「女もイケるよ」っていう風に言いました。
そのクラスメイトは次の日に当然、こんな内容でLINEがきたという話になるじゃないですか。そこで改めて言った感じですね。
でも、そこでハッキリ「男だけ」って限定した記憶は、あんまりないんです。
ずっと「両性愛者」みたいな言い方をしていたから、いつから「男だけ」限定でバラまいていたかは分からないんですよ(笑)

それは「両方イケるぜ」的な入口から入ったと。それはカミングアウトのやり方として、あまり聞いたことがない(笑)ワンクッションおいた?

とりあえず「女の子も好きだよ」っていうのを混ぜていれば、それなりの受け止め方ができるかなと。車が事故った時に出るエアバッグみたいな感じで、男だけでドン!ってぶつけたら衝撃が凄いかなと思って。
両性イケるだとムチ打ち程度で済むみたいな(笑)

その時の相手の反応は?

最初の一人はLINEの時「別にいいんじゃない」だったけど、教室でカミングアウトした時は「男はなー」と言われた。
今、最も仲の良い一人は「5万光年引いた」と言われた(笑)
でも別に何とも思わなかった。覚えているのは、その二人くらい。

なぜ、そんな早いタイミングで言ったの?もう少し関係性ができてからでも良かったのでは?

とりあえず入学して、周りのクラスメイトにどんな人がいて、自分がその集団の中でどれくらいの立ち位置で、どんな場所にいるのかは探っていた。それで、そのクラスの中での自分の「性格」とか「イメージ」とか「キャラ」みたいなものを周りに付けさせてもらってから、言った。
この人たちになら、言って大丈夫かなという確信があったから。

その「確信」とは具体的に説明できる?

何だろう、なんかこう最初出席番号順に並んでるじゃないですか。それで入学して数週間くらいは、俺だれとも喋ってなかったんですよ。そのうち話し始めて、ガヤガヤ騒ぎまくって、先生に超怒鳴られたりとか。「うるさーい」みたいな。でも、ここなら自分でいられる気がするという感覚がありました。
今まで小中と共学で、その男しかいない空間みたいなものを味わったことがなかったから。逆に小学校の時とかは女の子の方が友達多かったから、男子ども「くだらねぇな」みたいな(笑)

女子側だったと。「ちょっと男子ー」みたいな(笑)じゃあ男子の中に入って生活してみて、男子だけの空間に合ったということ?

みんな男しかいないから、さらけ出してるじゃないですか。だから、それの一環でもあった。でも今まで女の子には言おうと思ったことがない。言いたくないとは思わないのだけど。

中学校の時の性的指向は、どういう認識だった?

いや何か「男もイケそうだなぁ」とは思っていましたけど。でも女の子も当然いるワケじゃないですか。だから男だけになってみないと、それが分からなかった。
女性として、この人と話していると「楽しいな」「可愛いな」とかはありましたけど、特に付き合いたいとか恋愛感情的に見たことは、あんまりない。

恋愛感情を持つ女子はいなくて、男子に対しては実際あった?

小学校の時からの幼馴染が、住んでるマンションも同じで小6の時に同じクラスになって中3でまた同じクラスになって、何か「この人はいいなぁ」とは思いました。でも結局つまらないことでケンカして、いまだに口をきいてない(笑)最悪(笑)
中学の時に一人カミングアウトしたのは、親同士も知っていて幼稚園の時から一緒なやつ。そいつにだけ言った。「俺は男でもイケるよ」と。中学校からの帰り道で、いつも別れる場所があって立ちどまって喋っていた時にカミングアウトした。

流れで言った?それとも言おうと思ってカミングアウトした?

「流れ」かな。何か「言おう!」と思って言うということが、あんまりない。
重々しく、そういうことを言う雰囲気をつくっちゃったりすると逆に言えないから、
喋ってる最中に「○×▽◇・・・ペッ」みたいな(笑)
事実だから冗談ではないんだけど、冗談みたいに言っちゃえば、楽。

それは微妙な反応をされても、フェードアウトしやすいことも考えた?

今まで言う時に拒否される反応、拒否されたらどうするかっていうことを考えたことがないんですよ。
絶対に受け止めてくれる確信がその人に対してあるのか、分からないんですけど。
でも、あんまりマイナスの受け取り方をされる状況を考えたことがない。

決断して「よしっ!」と気合を入れて言うんじゃなくて、「流れ」で言うからダメだった時の想像をしないということ?

うーん。そうですね(笑)

それは凄いな(笑)あんまりいないし、聞かない。さっきの高校の話に戻るけど、カミングアウト後はどうなっていく?

こんなこと覚えているの気持ち悪いんですけど(笑)高校1年の6月以降、最初に席替えした時に一番前の一番右側の窓側席だったんですよ。
また違う3人が周りにいて、またそこでカミングアウトしました。ただ、そのうち一人は聞いてなかったですけど(笑)残り二人には、バーッと言いました。

その時の流れは?どういう話からカミングアウト?

全然覚えてないんですけど。授業中だったのは覚えてる(笑)

また凄いね、それ!(笑)授業中に何て言うの?!(笑)

はっきりとは覚えてないんですけど。
多分「まぁ俺ゲイだから」みたいな感じでサラッと言ってると思う。
でも二人はクリアに受け止めてくれた記憶はないです。そういうことを言われたのは二人とも初めてだったと思うから。どういう反応をしていいか、分からなかったんじゃないかな。ただ拒否とか拒絶をされた記憶はないです。
表情は多分、にこやかに笑ってた。

クラスで第3弾のカミングアウトはある?

また別な一人に言った時のことは覚えています。
高校1年1学期のいつかの放課後、帰り際に教室の後ろの方で俺が誰かと喋っていて、その一人が「何の話をしてんの?」と聞いてきたんですよ。
「んん、あぁ俺が同性愛者ってハナシ」って感じで言った(笑)
その時の反応は鮮明に覚えてる!でっけぇ目ん玉を見開いて「えぇ?!」って(笑)
それだけは、なぜか鮮明に覚えている。

もう計6人に言ったら、クラスで変な風に回ってしまうとかの心配はしなかった?

何にも考えていなかったのか、相当なバカなのか分かんないですけど。
全く心配しなかったですね。

3年間クラス替えがない、というのは安心感に含まれてた?

はい!(即答)

そこは即答なんだ。だから1ヶ月で言ったんだ。腑に落ちた(笑)その後、第何弾みたいな続きはある?

2年生になってから、文系のメンバー10人。
カミングアウトした時の景色は覚えていて、教室で授業と授業の間の休み時間。
黒板の前で俺が一人と喋っていて、そこで俺が「あぁ俺ゲイだから」って。
ポッて、ぶちまけた。そう言うまで何も考えてないから、そこで何で言おうと思ったのかとか、そういうのが全然ない。

その時は、その10人に聞こえるように言った?反応は?

そうです。
でも一人は微妙な顔していて、俺が「どうしたの?」って聞いたら「やっぱ、そうだったんだな」っていう風に言われた。ただ10人のうち一部は既にカミングアウトしているから、そこで話していることが聞こえているかも知れなかった。
俺の口からハッキリとそう言ったから、やっぱそうだったんだって感じの反応だった。
でも、その一人の反応しか覚えていない。

俺にカミングアウトしたのは、高校2年の2学期とかだった?

多分そう。何だっけ。あの人の話をした時。もう名前を忘れちゃった。
そうだ!徳川家光の話をした時。その後に先生が、車でバイトの同期(実はバブリング代表)からカミングアウトされた話をしていた。その話の後に言ったのは覚えてる。
それで「あぁ俺もゲイだよ」って授業中に言って、それで先生が「えぇ?!」みたいになって、その授業が終わった後の休み時間に先生に「本当なの?」って確認されて「ホント」って言った(笑)

そりゃ、するよ!(笑)だって周りは知っているような感じで、様子を伺われている感があったからね。だから本当なのか、冗談で言っているのを楽しんでいるだけなのか、分からなったし。ただ、こんなシチュエーションは「有り得ない!」と(笑)

前代未聞?(笑)

前代未聞だよ!(笑)本当だったら無下にできないし、でも冗談だったらタチ悪いしと思っていて。

そんなことウソつきませんよ(笑)

いや、そうだけど(笑)でも、その後に担任にもゲイだってことを伝えておいてくださいって言ったからね(笑)

それ何て言うんでしたっけ?(笑)

アウティング(笑)それもスゴいけどね(笑)では最後に、もし今カミングアウトをしようとか、考えている人がいたら何と声掛けをする?

…ただ一つ言えるのは、本当に知っててもらいたい人、友達とか、そういう人たちには言ってた方が絶対!楽かな。生きていく上でも、集団の中で一緒に生活してく上でも。一人でもいいし、二人でもいいし、10人でもいいけど。
必ず自分の全てをさらけ出せる人がいた方が、いいと思う。

今日は貴重な話を、本当にありがとう!
関連記事

Topics


カミングアウトストーリー

ゲイ – 互いにプラスな関係へ
ゲイ – 互いにプラスな関係へ
『40歳でゲイのアキラさんと、30代前半ストレートのケンジさんに、出会いから今までを...

2017年9月10日

カミングアウトストーリー

HIV ポジティブ
HIV ポジティブ
今回のインタビューは、バブリングバーにもよくお越し頂いてるヒロトさんにお話を伺い...

2017年8月20日

カミングアウトストーリー

ゲイ – 家族へのカミングアウトを振り返る
ゲイ – 家族へのカミングアウトを振り返る
大学生時代、自身がゲイであることを家族に打ち明けるか否か、悩んでいたバブリングメ...

2017年8月7日

カミングアウトストーリー

ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [後編]
ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [後編]
ゲイであることを両親へカミングアウトをしたバブリング代表の網谷。 その場には親友...

2017年6月9日

コラム

他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-
他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-
4月下旬、専修大学の教職課程の1コマをお借りして、29名の学生に、ワークショップを実...

2017年5月30日

カミングアウトストーリー

ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [前編]
ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [前編]
『今回はバブリング代表の網谷と、ご友人である富澤さんの対談インタビューです。 ゲ...

2017年5月29日

back to top