【連載】平山裕三「共感の輪を広げるために」

2016年4月19日

コラム

vol.02 共感の輪を広げるために

こんにちは、ファンドレイジング担当の裕三です。
NPO法人バブリングはおかげさまで、先日の3月9日をもちまして、設立1周年を迎えることができました。これも皆様の温かいご支援と心より感謝申し上げます!
ファンドレイジング担当として、これまでにバブリングに寄付いただいた皆様に感謝と1年間の軌跡を報告するために、今準備を進めてます。
ご支援いただいたことへの感謝状、やってきた活動はもちろん収支面についてもまとめた活動報告書、寄付いただいた皆様限定のシークレットイベントのご招待などなど、皆様に喜んでもらえるよう、そしてこれからもご支援いただけるようなものをお届けする予定です。

僕は、日本ファンドレイジング協会が認定している准認定ファンドレイザーの資格を所有していますが、資格をとるにあたってファンドレイジングについて勉強しました。
そこではファンドレイジング(資金獲得)とは、単に活動していくためのお金を集めるのではなく、自分たちが目指したい社会への共感の輪を広げていく行為だと定義づけられていました。バブリングが目指している社会は、「大切な人へのカミングアウトを応援する」ことをミッションに、「ありのままの自分を表現することができ、あるがままの他者を受け入れることのできる強く寛容な社会」です。
その目指している社会へ共感する輪が広がれば、自然と人が集まり、情報が集まり、お金が集まる。その流れを目指してファンドレイジング活動に励みます。
これからこのコラムでも、少しでも読んでいただいている皆様に、バブリングが目指す社会を共感してもらえるよう、お伝えしていく予定です。
それでは次回のコラムまで!

–WriterProfile—————————————-
■平山 裕三
1985年生まれ 男性
セクシュアリティ:ゲイ
株式会社はぐくむにて
【1人1人が本当に幸せを感じられる世界をはぐくむ】を志に日々邁進。
あるがままの自分で生きることをモットーとし
バブリングの「大切な人へのカミングアウトを応援する」に共感し活動中
———————————————————–

関連記事

Topics


new

カミングアウトストーリー

娘の発達凸凹 – オオカミになるとは?[後編]
娘の発達凸凹 – オオカミになるとは?[後編]
通常級では「オオカミになる」と本人は言っています。「通級では上手くいくんだよね」...

2018年4月18日

カミングアウトストーリー

娘の発達凸凹 – オオカミになるとは?[前編]
娘の発達凸凹 – オオカミになるとは?[前編]
言わなきゃと思っていたものの、先生と上手くいってなくて…。預けたのは1歳2ヶ月頃だ...

2018年4月10日

カミングアウトストーリー

身内が失踪 – だから、ひとりじゃない [後編]
身内が失踪 – だから、ひとりじゃない [後編]
前編では、ダルさんとゆきさん、それぞれの境遇をお聞きしました。 ダルさんにとって...

2018年3月2日

カミングアウトストーリー

身内が失踪 – だから、ひとりじゃない [前編]
身内が失踪 – だから、ひとりじゃない [前編]
その頃から母親との会話は少なくなり始め、母親の気分もずっと、プラスには行かない感...

2018年2月18日

カミングアウトストーリー

Xジェンダー – これからは自分の気持ちと生きていく[後編]
Xジェンダー – これからは自分の気持ちと生きていく[後編]
母には去年(2016年)、夫に言った後に伝えました。

2017年12月28日

カミングアウトストーリー

Xジェンダー – これからは自分の気持ちと生きていく[前編]
Xジェンダー – これからは自分の気持ちと生きていく[前編]
自分は結婚も出産もしていて、4年前に妊娠をしたことがきっかけだったんです。

2017年12月20日

back to top