to 学校の友人

to 学校の友人

2015年8月31日

Come out to

ひろふみ

1、相手のセクシュアリティ

ストレート男性

2、カムアウトした時の住まい

東京

3、カムアウトした相手との関係性

専門学校で仲の良かった友人

4、カムアウトした時の自分の年齢

31歳

5、カムアウトした時の相手の年齢

34歳

6、カムアウトした場所

居酒屋

7、この時点でのカムアウトした経験人数

1人目

8、カムアウトしようと思った理由

一生の友人にしたいと思ったから。偏見がなさそうだったし、仮にうまくいかなくても学校を卒業してしまえば利害関係がなくリスクが低かった。

9、カムアウトの具体的な流れ

二人でよく飲みに行く仲だった。
カムアウトしようと意気込んで臨んだか、流れでそうしたかよく覚えていないが、お酒も進んでお互いほろ酔いになった頃切り出したと思う。

10、ずばりカムアウトの具体的な言葉は?

おれゲイなんだよね。

11、カムアウトされた相手の反応

そんな大切な事を話してくれてありがとう、と感動をもって受け止めてくれた。

12、カムアウトしてよかったこと

隠し事がなく、なんでも言える間柄になった。人生のことや仕事のことなど、うそや体裁を気にせずお互いなんでも話せる信頼感が生まれた。

13、カムアウトして後悔したこと

特になし

14、カムアウト後のその先の関係はどうか

カムアウトする前より信頼が大きくなり、それ以前より強固な友人関係になった。腹を割って一生付き合っていける友人と感じています。

15、これからカムアウトする人への応援メッセージ

少なくとも友人関係では、信頼関係がきちんとできていれば、勇気を出して伝えた思いはちゃんと受け止めてもらえると感じています。(受け止めてくれる相手かの)冷静な見極めと、相手を大切に思う気持ちがあれば大丈夫!

関連記事

Topics


new

カミングアウトストーリー

ゲイ – 家族へのカミングアウトを振り返る
ゲイ – 家族へのカミングアウトを振り返る
大学生時代、自身がゲイであることを家族に打ち明けるか否か、悩んでいたバブリングメ...

2017年8月7日

カミングアウトストーリー

ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [後編]
ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [後編]
ゲイであることを両親へカミングアウトをしたバブリング代表の網谷。 その場には親友...

2017年6月9日

コラム

他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-
他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-
4月下旬、専修大学の教職課程の1コマをお借りして、29名の学生に、ワークショップを実...

2017年5月30日

カミングアウトストーリー

ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [前編]
ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [前編]
『今回はバブリング代表の網谷と、ご友人である富澤さんの対談インタビューです。 ゲ...

2017年5月29日

コラム

ゲイカップル里親ニュースに触れて
ゲイカップル里親ニュースに触れて
今回のニュースは、セクシュアル・マイノリティにとって明るい話題でもありつつ、この...

2017年4月24日

カミングアウトストーリー

不育症 -「第Ⅻ因子欠乏症」って?
不育症 -「第Ⅻ因子欠乏症」って?
  【不育症】 (ふいくしょう) 妊娠はするが、流産、死産や新生児死亡などを繰り...

2017年3月27日

back to top