他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-

他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-

2017年5月30日

コラム

4月下旬、専修大学の教職課程の1コマをお借りして、29名の学生に、ワークショップを実施させていただきました。いつもの先生とは違う大人が4名もいることに、学生の皆さんの「何が始まるんだろう」という少々の緊張感を感じる面持ちで授業は始まりました。

その緊張を一気にほぐすアイスブレイクと、数々のグループワークや個人ワークを、学生さんたちは一つ一つ真面目に取り組んでくれました。
・ただ文字を読むだけでなく、自分がどう思ったかをアウトプットすること
・同じグループにいた「マイノリティ当事者が身近にいる」という人の話にじっと耳を傾けること
・代表網谷(=マイノリティ当事者)の実体験に基づく話を聞くこと

90分の授業を経て、学生さんたちからは「マイノリティについては、決して他人事ではなく、自分ごとなんだと感じました」という感想を聞けました。

教室

社会に出て、先生として、大人として、きっと様々な人たちと接する学生さんたちに、1つでも多くのものを持ち帰って欲しいという思いで行ったワークショップでしたが、

「そうしたマイノリティが身近にいたかもしれないな、って後悔した」
「生徒と接する時に、そうした当事者がいるということを念頭に置いて、接していこうと思った」
「もっとマイノリティについて知っていきたいと思った」

と、多くの前向きな感想をいただくことができたのは、主催者として嬉しく思います。

講義の中でも語った網谷の言葉を借りるとしたら、
「誰かからカミングアウトをされたとしたら、それはあなたがその人にとって大事な人だったから。ありのままの自分を知って欲しいと思ったから。もっと仲良くなりたいと思ったから。という気持ちの表れです」
ということを、学生さんたちの今後の人生において、もしカミングアウトの場面に立ち会ったときに、思い出してくれることを願っています。

関連記事

Topics


new

カミングアウトストーリー

吃音 – 今は好きな自分が増えてきた[後編]
吃音 – 今は好きな自分が増えてきた[後編]
自分をどんどん客観視できるようになる中で、吃音であることも自分の数ある特徴の一つ...

2018年8月9日

カミングアウトストーリー

吃音 – 今は好きな自分が増えてきた[前編]
吃音 – 今は好きな自分が増えてきた[前編]
漫画のようにドラゴンボールを集めて願いが叶うなら、何よりも吃音を治したいと思って...

2018年7月29日

カミングアウトストーリー

IgA賢症&バセドウ病 – くよくよしても、切り替える[後編]
IgA賢症&バセドウ病 – くよくよしても、切り替える[後編]
最初は周りの友達と違うことが嫌で嫌で仕方なくて、泣いて反抗しましたが、

2018年6月11日

カミングアウトストーリー

IgA賢症&バセドウ病 – くよくよしても、切り替える[前編]
IgA賢症&バセドウ病 – くよくよしても、切り替える[前編]
中学のときに周りへカミングアウトしたんです。「俺、腎臓が悪いんだよね」って。

2018年6月6日

カミングアウトストーリー

娘の発達凸凹 – オオカミになるとは?[後編]
娘の発達凸凹 – オオカミになるとは?[後編]
通常級では「オオカミになる」と本人は言っています。「通級では上手くいくんだよね」...

2018年4月18日

カミングアウトストーリー

娘の発達凸凹 – オオカミになるとは?[前編]
娘の発達凸凹 – オオカミになるとは?[前編]
言わなきゃと思っていたものの、先生と上手くいってなくて…。預けたのは1歳2ヶ月頃だ...

2018年4月10日

back to top