2015年11月 バブリング合宿

2015年11月26日

バブリングより

NPO法人バブリング

年に1度、バブリングでは全員が集まる1泊2日の合宿を開催しています。
今回は長野県の野尻湖のすぐそばにあるLAMPさんの場所をお借りして合宿に行ってきました。

メンバーの精神的な成長、物理的な行動の変化、このコラムを始めてから感じた皆の変化を、目の当りにして、揺さぶられ、気付き、問答し、我々にとって大きな意味を持つ合宿となりました。

 

■自己開示して生きていますか?

皆さんは「自己開示」して生きているでしょうか。
ここにいる自分は何者で、どうやって生きていくのか。
何を感じ、考え、誰に伝えて生きていくのか。

今回の合宿で感じた、個人的な気付きを書かせて頂くと、

「比較的自由に生き、考え、感じ、伝える人」だと思っていた私自身が、
本当は「自己開示出来ない人」でした。

その事実に気付いた時、私は狼狽し、自分自身の手綱を見失ってしまうほどの衝撃を受けました。

 

合宿から数日が過ぎ、今改めて思うのは、私自身の問題よりも「自己開示しないで生きる事の苦しさにどれほどの人が気付いているのか」という事です。
あなたは、自分の奥にある誰にも言えない部分を誰か大切な人に見せていますか?
あなたの隣にいる人は、あなたにそれを見せてくれていますか?

 

■「自己開示」とは何なのか。

私もまた、マイノリティの一人です。
自虐症や鬱という言葉を使えば良いのか、リストカットと言えば分かりやすいのか、とにかく怒りを自分に向けて生きてきた結果、体は傷だらけになりました。
私は、この見れば分かる事実を隠しているわけではないですが、聞かれなければ答えませんし、もちろん聞かれた所で、相手によっては答えません。必要であれば嘘もつきます。
ただ、事実を隠している事が「自己開示していない」という事ではなく、この傷の奥にある感情を、考えを、気持ちを、心を、伝えたいと思った人に伝える事が出来ない事が「自己開示出来ない」という解釈になるのではないかと思います。

自己開示とカミングアウトはとても近いものだと思います。
自分の奥深くにあるものに向き合わなければ、だれかに開示する事は出来ません。
向き合った結果、「この人に伝えたい」と思う相手に伝える。それがカミングアウトではないでしょうか。

 

■カミングアウトの定義とは

カミングアウトと聞くと、セクシュアルマイノリティの方々に向けた言葉のように扱われがちですが、それは違います。
そして私達は相手に構わず、カミングアウトして生きれば皆ハッピー!と言っているわけではありません。

バブリングではカミングアウトを以下のように定義しています。

「カミングアウトとは、言えなかったことを打ち明けて新たな関係を築くことで、自分らしく生きていくための手段」

「ただ伝える」のもカミングアウトである一方で、「この人だから、理解されたい、伝えたいと思った結果、自分の内にあるものを相手に伝える」これもまたカミングアウトです。
「カミングアウトなんて必要ない」と思うならそれもまた選択肢の1つです。

でも、伝えたいという気持ちがそこにあるなら「カミングアウト」という選択肢は常にそこにあり、あなたはそれを選ぶことも出来るのです。

 

■長い道のりをバブリングと歩く

自己開示は私にとって大きな壁です。
おそらく、この記事を読んでいただいているあなたにとっても大きな壁となり得ると思います。
それでも私は自己開示する人生を選びたい。
なぜなら、理解したい、理解されたい人がいるから。

その為には、これから長い道のりが待っていると思っていますし、正直何から始めれば良いのか分かりません。ただ、ありがたい事にバブリングには真剣に向き合ってくれる人がたくさんいます。
私が泣き喚き、逃げ出そうとしたとしても、向き合ってくれるメンバーがいます。
そして、バブリングはあなたにも向き合える団体です。
あなたが悩み、苦しみ、自分だけではどうにもならなくなった時は、私達があなたの背中を押せるような団体でありたいと思っています。

バブルバーは毎週日曜日だけの営業ですが、あなたが話したいと思ったら、私達はゴールデン街に居ます。
今はまだ、途中段階ですが、あなた個人にバブリングが向き合う企画も進めています。
バブリングに興味を持ち、話してみたいと感じて頂けるなら、まずはバブルバーに来てみてください。

私達もまだまだ模索中ですが、それでもあなたの話しを聞き、相談に乗る事が出来るかもしれない。

【バブルバー】
■営業時間
19:00~23:30
※毎週日曜日のみ営業
■住所:〒160-0021
東京都 新宿区歌舞伎町1-1-9 G2通り
からーず。という看板のお店です。
■アクセス
JR新宿駅 東口出口:徒歩10分
東京メトロ新宿三丁目駅 地上E1出口:徒歩1分
西武新宿駅 南口出口:徒歩10分
都営地下鉄東新宿駅 A1出口:徒歩5分

–WriterProfile—————————————-
大川 奈穂
1978年生まれ 女性
セクシュアリティ:ヘテロセクシュアル

平日昼間はしがない会社員です。
衝撃的な人見知りなので、初めましての時は
とっつきにくいかもしれませんが、話すと普通だと思ってます。
———————————————————–

 

 

関連記事

Topics


カミングアウトストーリー

ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [後編]
ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [後編]
ゲイであることを両親へカミングアウトをしたバブリング代表の網谷。 その場には親友...

2017年6月9日

コラム

他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-
他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-
4月下旬、専修大学の教職課程の1コマをお借りして、29名の学生に、ワークショップを実...

2017年5月30日

カミングアウトストーリー

ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [前編]
ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [前編]
『今回はバブリング代表の網谷と、ご友人である富澤さんの対談インタビューです。 ゲ...

2017年5月29日

コラム

ゲイカップル里親ニュースに触れて
ゲイカップル里親ニュースに触れて
今回のニュースは、セクシュアル・マイノリティにとって明るい話題でもありつつ、この...

2017年4月24日

カミングアウトストーリー

不育症 -「第Ⅻ因子欠乏症」って?
不育症 -「第Ⅻ因子欠乏症」って?
  【不育症】 (ふいくしょう) 妊娠はするが、流産、死産や新生児死亡などを繰り...

2017年3月27日

コラム

そだちとすだち
そだちとすだち
社会的養護の業界では、法整備や諸制度、支援活動のデザインに、当事者が参画すること...

2017年2月7日

back to top