from 友人

from 友人

2016年5月7日

カミングアウトストーリー

s.a-01

ご友人からゲイだとカミングアウトされたということですが、これまでにカミングアウトされたことって、どれくらいありますか?

いっぱいあるんですよ。

え?いっぱいあるんですか?(笑)

私の周りには結構いるんですよね。
聴覚に障害を持っている周りの友達から間接的に伝わってくることがあったりするので。
元々のつながりのある人からのカミングアウトは3人くらいかな。

元々つながりがあったご友人から、一番最初にカミングアウトされたときっていくつだったんですか?

5年前くらいですかねー。
仲のいい男友達だったんですが、多少の衝撃はあったけど、別に受け入れられないとかはなくて、それも1つの特性って見ていましたし、カミングアウトされたからって関係が変わる事はなくて、引き続き仲良くやっていきたいなって思いました。
10代の時から、直接の関わりがなくても、聴覚障害者のコミュ二ティにも数人いらっしゃるんですよ。友達の友達でいたから、「いて当たり前」って感覚でした。
あとは、26〜27歳の時に、サンフランシスコにいたから、周りにすごく多くて(笑)LGBTのパレードとか有名な街ですからね。
ゲイだとカミングアウトされた2人目の人とは、いまだによく旅行とか行ってますよ。

ご自身のことも、マイノリティって感じるときありますか?

それは常に感じますね。聴覚に障害を持っていると、会議とか大人数のコミュニケーションとか、セミナーのときって、その輪に入れないって思うので。
むしろ、私はますますマイノリティになっていくなって思います。
私って、障害者であって女性であって、これで既にマイノリティじゃないですか?そして、さらに母になると、もっとマイノリティかなって。
カテゴリー的には社会的弱者になるから、そういうとき、1人の母として、1人の女性として、1人のキャリアウーマンとして、どう人生を送っていくかっていうのは、ある意味楽しみでもありますし、ある意味、チャンレジだなって思います。
大変だと思うんですけど、私の友人に、肢体不自由で、かつ、マスコミ関係の仕事をしながら子育てをしている人がいて、すごく尊敬しています。

確かに、子育てをするってだけでも大変なのに、さらにハンディキャップがある中でやることは大変ですよね。

えぇ。ただマイノリティっていっても、それは、その人の1つの側面にすぎないって思ってるんです。ずっとハンディキャップを感じるかっていったら、そうじゃなくて、そのことを忘れてるときもあるんですよ。たとえば、メールのやり取りをしている時とかもそうですね。
私、マイノリティだからって、負い目を感じる事はないと思うんです。
そもそも世界はマジョリティじゃなくて、マイノリティが変えていく力があると思っています。
だって、マジョリティの世界だけじゃ何も変わらないじゃないですか。
渋谷区のパートナーシップ条例の時も、マイノリティが一致団結して、変えていくという気持ちがあったから実現できたんだろうなって思っています。
だから、私自身、障害を持っているというマイノリティの当事者ですけど、マイノリティであることを恥ずかしいと思った事はなくて、むしろ何ができるか、今の社会に対して一石を投じる存在でありたいなーって思います。

とっても素敵な志ですね!

ありがとうございます。
日本はみんな揃うってことが美徳とされますけど、海外では、みんな違うというのが当たり前です。
むしろ個性的な人が認められる文化があるんですよね。
だから、今後の日本では、多様性を受け入れるということを受容し始めていくんじゃないかなーって思います。
マイノリティって一見、生きづらいっていうのがあるかもしれないけど、それだけ変えていけるっていう余地があると思うんです。
だから、自分がマイノリティっていうことに対して、誇りを持っていたいなーって思います。

私自身、マイノリティ側なので、すごく勇気が出るお話だなって感じました。
最後に、これからカミングアウトされるかもしれない人に対して、メッセージがあれば、お願いします。

カミングアウトに値する内容であってもなくても、言ってくれたってことに対して、ありがとうって言いたいと思っています。
それを伝えるっていうこと自体、本人の中で葛藤していると思いますし、初めて口に出すってことは怖いって気持ちがあると思うんですけど、それを勇気をふりしぼって言ってくれた行動に対しても感謝ですし、私を選んでくれたことに関しても、ありがとうって気持ちでいたいなって思っています。
言われた事に対しては、ネガティブな感情っていうのはもたないようにしたいなって思いますし、みんな、それぞれ何かしらを抱えていると思うんですよ。だから、そういった抱えているものを共有する事によって、その人の気持ちが軽くなるんだったら、ぜひ共有してもらえれば、って思っています。
とにかく、ポジティブに受け取るのが一番じゃないですか。

とっても素敵です!

いやいや、全然普通のこと言ってると思うんですけど笑

それが普通って思っていらっしゃる方が増えればいいなって思っています。本日はありがとうございました。

Topics


カミングアウトストーリー

ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [後編]
ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [後編]
ゲイであることを両親へカミングアウトをしたバブリング代表の網谷。 その場には親友...

2017年6月9日

コラム

他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-
他人事ではなく、自分ごと -専修大学教職課程講義-
4月下旬、専修大学の教職課程の1コマをお借りして、29名の学生に、ワークショップを実...

2017年5月30日

カミングアウトストーリー

ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [前編]
ゲイ ‐ きみが教えてくれたこと [前編]
『今回はバブリング代表の網谷と、ご友人である富澤さんの対談インタビューです。 ゲ...

2017年5月29日

コラム

ゲイカップル里親ニュースに触れて
ゲイカップル里親ニュースに触れて
今回のニュースは、セクシュアル・マイノリティにとって明るい話題でもありつつ、この...

2017年4月24日

カミングアウトストーリー

不育症 -「第Ⅻ因子欠乏症」って?
不育症 -「第Ⅻ因子欠乏症」って?
  【不育症】 (ふいくしょう) 妊娠はするが、流産、死産や新生児死亡などを繰り...

2017年3月27日

コラム

そだちとすだち
そだちとすだち
社会的養護の業界では、法整備や諸制度、支援活動のデザインに、当事者が参画すること...

2017年2月7日

back to top