バイ – あなたに言えたから、今の私がある

バイ – あなたに言えたから、今の私がある

2015年9月13日

カミングアウトストーリー

cos of-01

ーー弥太郎さんのセクシャリティは?

バイセクシャルです。

ーーカミングアウトをした相手のセクシャリティは?

ストレートの女性です

ーー相手との関係性は?

大学の知り合いで、顔見知り程度でした。
社会問題に関心のある子で、とあるデモに出たり、署名をしたり社会的な活動をしていた子で私自身は彼女に少なからず影響は受けていました。切磋琢磨しながら社会的な活動をしている関係といいますか・・

ーーその時の年齢は…

23才です。はじめてカミングアウトしました。

ーー相手の女性の方は?

相手は21才でした。年下の友達が多いんです笑

ーー顔見知り程度とお聞きしましたが、カムアウトした理由は?

社会に関する問題に興味があり、そのデモ活動の中でLGBTの友達ができたと言っていたのを知っていたので、そのことについての考えを持っている子だと思ったんですね。それに彼女は孤立した雰囲気だったこともカミングアウトをした要因だったかもしれません。彼女が気がかりだったこともあり、自分のことを打ち明けようと思いました。

ーーカミングアウトした場所は覚えてますか?

まず、電車内で話の流れで「ぽろっ」と言ってしまったんですね。その後電車降りた後、八王子のカフェに移動して改めて話しました。

ーー電車で「ぽろっ」と言ってしまった時の状況は覚えてらっしゃいますか?

「私は女の子が好きなんだ」と言ってしまった。(流れは)よく覚えてないんですけど、たぶん
恋愛や結婚観の話をしていたのだと思います。話の流れで追い詰まって断るために言ったように思います。

ーーその時の相手の方の反応は?

特にそうなんだ、と言って驚かない雰囲気。
変でもなんでもないよっていう返しを簡単にくれました。それから、「このあともうちょっと話せる?」と言って電車を降りてカフェへ誘って。

ーーカフェの話は?

カフェに入って、いろいろ相手の彼女の話や社会的活動のことなどで意見を交換して、自分の暮らしの中で身近に経験したコミュニケーションについて聞いたところで、これは話せると思って改めて話したという感じですね。

ーーその時の会話とか彼女の反応は?2回目になるわけですよね。

なんていうか、「あったかい」わけじゃなくて、「そういう人もいるよね」みたいなニュートラルな、感情を見せない答え方だったんです。いい彼女ができたらいいんじゃない、いつか見つかるんじゃない、とか誰かを頼って生きたいとと思っているの?とか、結構するどいことを聞かれたんです(笑)
相手はあっけらかんとしていて、それは小さなことだよ、という雰囲気というか。

ーー人として社会的な関心やLGBTの知りあいがいるという環境的なところから入って、それでずばっと鋭い返しがあって、衝撃があったということですよね。

本来カミングアウトされた側の反応として「ケア」の観点が入るじゃないですか?でも切磋琢磨する関係ではこうも答え方が変わるんだと思いました。

ーーカミングアウトの「一言」は電車で出た「女の子がすき」?

そうですね。

ーーカミングアウトしてよかったことは?

彼女とはその後交友関係が続きませんでした。ただカミングアウトはしてよかったとは思います。というのは、オンラインでカミングアウトする手前にこれがなかったらできなかったと思うし。(現在弥太郎リリーさんはオンライン上でもカミングアウトして活動しています)自分の中で前に進むきっかけになりました。

ーー後悔したことは?

(ちょっと考えて)ないです。ないですけど、やっぱり彼女にストレスは与えたかもとは思います。

ーーこれからカミングアウトする人に向けてメッセージがあればお願いします。

まずリアルに会ってしたほうがいいです。やっぱりくつろげる場面で、カミングアウトするのがいいのかな。次の日が休みとか、気持ち的に落ち着いている時にした方が感情的になりすぎなくていいし、なんかこう、まずはほんとにリアルな人間関係でせめて1対2とか、二人きりじゃない方が抱え込まなくていいのかもしれない。1対1だと逃げ場がないですよね。逃げ場とか、受け答えに遊びをもたせる余裕がなくなっちゃうじゃないですか。それから開けた場所がいいかなと思います。ちょっとざわざわしてる場所、みたいな。普通の生活の場面で話せることで、普通のことに感じるし、身近さを持たせられるし。

現在神奈川のほうで活動をしている弥太郎リリーさん。このカミングアウトも今の弥太郎リリーさんをつくる大きな出来事だということがわかりました。
詳しいエピソードがどんどん出てくると、本音が出てくるんですよね。

Topics


メンバーコラム

不安な僕④
不安な僕④
ひとつ目のコラムで書いた強迫性障害の症状が始まったのは、この専門学生の頃からでし...

2021年7月13日

メンバーコラム

不安な僕③
不安な僕③
~17歳はどん底の暗黒時代~

2021年2月28日

メンバーコラム

不安な僕②
不安な僕②
~中学生時代の不安障害~

2020年9月15日

メンバーコラム

不安な僕①
不安な僕①
僕は強迫性障害というものを抱えています。強迫性障害とは、戸締りや火の元が不安にな...

2020年5月27日

メンバーコラム

“5”
“5”
2020年よりバブリングはMISSIONを『大切な人へのカミングアウトを応援する』から『じ...

2020年4月19日

メンバーコラム

白日
白日
「時には誰かを 知らず知らずのうちに 傷つけてしまったり 失ったりして初めて 犯した...

2019年10月7日

back to top