様々な特性や事情、バックグラウンドを持つ子どもたち。

その中に「いるかもしれない」と、想像を刺激する仕掛け。

先生だからこそ押さえておきたい書籍について。

バブリング独自の視点でご紹介

プロのカメラマンによる撮影コーナー。

色々な子どもがいること、子ども達を想って行動できたことを発信。

学生時代のあの頃、先生から言われて傷ついた言葉&言われて嬉しかった言葉。

30人いたら30通りある子どもたちの「正解」に向き合う為の装置。

子どもたちに対して明日から出来ることをカタチに残しておける、みんなの宣言掲示板。